社会医療法人 北九州病院 RECRUIT SITE

TRAINING

教育・研修

職種別研修(栄養管理科)

栄養管理科の育成・研修について

管理栄養士

管理栄養士育成・登用システムについて

私たちは、チーム医療の一員として専門性を発揮し、自ら率先して対応できる実践力を備えた管理栄養士を目指しており、育成には特に力を入れて取り組みを行っています。
その一つとして管理栄養士育成・登用システムがあります。新規大学卒業者を管理栄養士(研修)として採用します。管理栄養士(研修)は入職から半年~1年程度、管理栄養士育成プログラムに沿ったOJT研修を受けながら実務を行います。研修終了後は業務習得状況に応じて管理栄養士への登用を行います。

※年に3回ほど管理栄養士登用評価を実施しており、基本的な項目の達成後に登用となります。

管理栄養士入職前研修について

北九州病院では2011年度から管理栄養士(研修)を対象に入職前研修を行っています。研修内容は北九州総合病院にて5日間、法人の基本理念やNST、衛生管理、医療・介護制度、コンプライアンスの説明、医療従事者としての接遇の習得などを中心に行っています。また、配属先は入職前研修終了後に個々の適性に応じて決定しています。

初めての就職、特に医療専門職としての就職には不安も多いかと思いますが、研修を通して医療専門職としての心構えや準備ができ、同期入職者との絆も深まります。入職前研修を終えた管理栄養士(研修)は、それぞれの配属先で業務をスタートし管理栄養士登用を目指します。

2019年度開催時の様子

入職前研修を終えての感想(2022年度入職管理栄養士)

北九州総合病院 Kさん(西南女学院大学出身)
5日間の研修を通じて、社会人として、管理栄養士として病院で働くことはどういうことなのかを、考えることができました。社会人としての心構え、マナー、栄養管理科の基本理念など多くのことを学ぶ中で、今までと同じような学生感覚でいてはいけないと思いました。
研修を終えて、今後の自分に必要だと思うことを3つ考えました。まず1つ目は、目標の立て方の改善です。大きくざっくりとした目標ではなく、具体的な目標設定をしようと思います。2つ目は、自分を俯瞰することです。もっと視野を広げてみることで、今の自分に必要なことが見えてくると思いました。そして、自分に足りていないことや、組織の中での自分の立ち位置や、やるべきことを明確にすることで自身の成長につながると思いました。3つ目は、積極的に自分の意思を伝えることです。私には、自分の考えを相手に伝える力が足りないとわかりました。管理栄養士という仕事をする上で人に何かを伝える力は必要不可欠だと思うので、今後は改善したいと思います。
研修に参加したことで、4月から一職員として、患者さまや病院のために働くことがイメージでき、自覚を持てました。誰かを当てにせず、主体性をもって日々の業務に取り組めるように努力したいです。
コロナ禍で大変ななか、入職前にこのような研修の機会をくださりありがとうございました。一緒に研修期間を過ごしたことで、5人の同期とは絆ができたように感じます。配属先は異なりますが、互いの状況を報告しながら切磋琢磨していきたいと思います。
北九州総合病院 Uさん(九州栄養福祉大学出身)
私はこの5日間の研修を通じて、これから働いていく上で本当に大切なことを学べたと思います。その中でも人として様々な経験をし、感じ、成長していくことが管理栄養士としての成長に繋がっていくことを強く感じました。
私は今まで、あまり自分の気持ちを素直に表現することができませんでした。研修では素直に表現していくことの重要性や難しさを学んだと共に、わからないことを素直に聞き、行動に移して表現することで相手に伝わり、色々なことを教えてもらえることがわかりました。自分の足りないものに気付くことができ、素直に変わりたいと思えたことは、私にとって、とても重要な経験だったと思います。この気持ちを忘れずに、入職後も自分としっかり向き合いながら成長していきたいです。そして患者さんの背景を考え、一人一人に寄り添えるような管理栄養士になるために、人間力を高めたいと思います。
最後に、この研修を一緒に乗り越えた同期とは、本当に良い仲間になれたと思います。管理栄養士は同期を持つことが難しいと思っていたのですが、5人もの同期と出会えてとても嬉しかったです。配属先は異なりますが、この出会いを大切にしてこれからも支えあい、切磋琢磨しながら成長していきたいです。
北九州中央病院 Kさん(西南女学院大学出身)
入職前研修では、新入職員に求められるコミュニケーション、社会人として必要なスキルや心得を学ぶことができました。また、実際に管理栄養士の業務を見て、4月から自分が働く姿を想像することができました。
管理栄養士として働くことを楽しみにしていた私ですが、研修を経て、管理栄養士の仕事の難しさと大変さを痛感し、私の思い描いていた想像とのギャップを思い知らされました。この研修がなければ、甘えた考えのまま、仕事を始めることになっていたと思うので、私にとってこの研修は、とても意味のあるものだったと思います。
今回の研修を思い出しながら、先輩方に早く追いつけるよう、これから多くのことを吸収していきたいと思います。
北九州小倉病院 Mさん(九州栄養福祉大学出身)
私はこの入職前研修を通して、多くのことを学んだと同時に、自分自身を見つめなおし、自分の強みや足りない部分を考え、知ることができました。私は周囲に依存しがちなことがあるため、自分で判断する力を身につけないといけないと思いました。
また、今回の研修でコミュニケーションの重要性を感じました。給食業務では日々多くの食事変更があるため、調理職の方や病棟の方との意思の疎通、確認が重要です。これからは、大きな声ではっきりと相手に伝わるように話すことを心掛けたいと思います。
北九州古賀病院 Uさん(西南女学院大学出身)
私はこの5日間の入職前研修で、社会人の責任の重さや、学生との違いを学ぶことができました。
研修を受ける前は、自身の行動の重さや言葉遣いなどあまり気にしていなかったため、今後は気を付けていきたいです。また、自身の強みと弱みを理解できたため、今後は弱みを強みに変えられるように、成長したいです。
北九州若杉病院 Uさん(九州女子大学出身)
私は今回の研修を通して、社会人としての心構えや自ら考え行動することの重要性、周囲との良好な人間関係を築く方法を学ぶことができました。
研修では、厨房内の業務を経験させてもらい、現場の雰囲気を感じ、業務の内容を知ることができました。決められた時間を守り、種類の異なる多くの食事を提供するには、情報の共有や協力・助け合いが大事だと改めて感じました。
栄養管理業務の見学では、先輩管理栄養士が後輩の相談に丁寧に対応している場面を見て、大変心強く感じました。入職後は、失敗や挫折、辛いこともあると思いますが、そのような時は一人で抱え込まずに、先輩方に状況を相談するように心がけたいと思います。
分からないことが多く不安な部分もありますが、何事も積極的に学び、成長できるよう頑張りたいです。

栄養士(調理職)・調理師・調理員

育成について

新入職員には育成担当の先輩が付き添い指導します。
また、調理責任者、調理副責任者、ベテランの先輩たちがサポートします。
未経験からの入職で調理師免許を取得(※2年間の実務経験後、調理師試験に合格)した先輩も多数います。未経験の方、調理師免許をお持ちでない方の応募も歓迎しています。

調理員研修会について

北九州病院では患者さまに安心安全な食事を提供するために、調理職員を対象とした研修会を開催しています。

第1回調理員研修会「新入職員研修」

プログラム

  • 社会人としての心構え(総務人事部メンタルサポート室 課長 濱崎 順子)
  • コミュニケーション~働きやすさを高める4つのパワー~(総務人事部メンタルサポート室 主任 臨床心理士 山本 登)
  • 調理職員の仕事について(栄養管理科 管理栄養士、栄養士)
 

2022年4月14日に2022年度第1回調理員研修会「新入職員研修」を開催しました。
4月1日に入職した栄養士(調理職)、調理師、調理員などが参加しました。

「社会人としての心構え」では、学生と社会人との違いや、働く上での心構えなどの講義が中心で、参加者はメモを取りながら真剣な表情で受講していました。「コミュニケーション~働きやすさを高める4つのパワー~」では、コミュニケーションスキルの強みと課題を把握し、コミュニケーションスキルのレベルアップ方法を学びました。「調理職員の仕事について」では、衛生管理や病院で提供する食事について学びました。後半は、先輩の体験談を聞き、グループワークでは同期と活発に意見交換を行う様子が見られました。

参加者の声

  • 今回の研修を通して、社会人としてどのような行動をすれば良いか、コミュニケーションの取り方を学ぶことができてとても勉強になった。
  • 学生から社会人になったので、しっかりと区別して社会人のマナー、心構えを守っていきたい。コミュニケーションでもっと前に踏み出すパワー、考え抜くパワーを身に付けたい。
  • 調理職員の仕事の重要性がわかった。新入職員としての不安などを解決できてとても良かった。
  • 入社式で同期の方々と会えなかったのでこの研修会で顔を合わせる事ができて良かった。先輩方がフォローしてくれてとても働きやすい環境であると実感しました。

第2回調理員研修会「新入職員フォローアップ研修」

プログラム

  • さぁやりがいづくりを始めよう(総務人事部メンタルサポート室 主任 臨床心理士 山本 登)
  • チームワーク、仕事の繋がりを考える(栄養管理科 管理栄養士、栄養士)


2022年6月9日に2022年度第2回調理員研修会「新入職員フォローアップ研修」を開催しました。
各施設から栄養士(調理職)、調理師、調理員が参加しました。

前半の「さぁやりがいづくりを始めよう」では、4月から現在までの、失敗したことや成功・成長したことなどを前向きにポジティブに振り返りました。メインテーマである「やりがいづくり」では、やる気・やりがいを生み出すコツや、やる気・やりがいを守るメンタルケア、コミュニケーションについて学びました。山本主任のお話にあった"やめたい"を"やりたい"に、"やりたい"を"やりがい"に!の言葉が印象的でした。

後半の「チームワーク、仕事の繋がりを考える」では、チームワークを良くするポイントや、治療食や食事形態について学びました。ペアワークでは、これからの自分像や業務で工夫している点などの意見交換を行いました。ペアワークでは、2ヵ月ぶりに会った同期との会話に笑顔がこぼれていました。

参加者の声

  • 調理現場のコミュニケーションについて「雑談力」「質問力」を高めるテクニックの具体例があり、わかりやすかった。
  • やる気、やりがいについて今まで深く考えていなかったが、今日の研修を受けて、深く自分の中で考えることができた。自分の中のやりがいをみつけたいと思った。
  • 入職1ヵ月目に比べて仕事がわかってきた。研修で学んだコミュニケーションのとり方を実践し、他の職員の方と話せるようにもなった。
  • 協調して仕事をしていく為には、どうすればいいのかを学べてよかった。コミュニケーションのとり方や、誰かを知る為には自分自身のことも知る必要があるとわかった。
  • 嚥下食等は、嚥下能力が低下するとどうなるのかまで講義があり理解できた。調理の際に重要性を意識したい。

第3回調理員研修会「育成指導力向上研修」

プログラム

  • 指導者のメンタルヘルス(総務人事部メンタルサポート室 主任 臨床心理士 山本 登)
  • 指導力アップのためのコミュニケーション(有限会社AEメディカル 鹿児島支社長 田之頭 智子 先生)

2022年7月11日に2022年度第3回調理員研修会「育成指導力向上研修」を開催しました。
各施設から管理栄養士、栄養士(調理職)、調理師、調理員が参加しました。

前半の「指導者のメンタルヘルス」では、育成・指導についての悩み、困りごとについて意見交換を行いました。講義では育成担当者自身が元気になる6つの習慣について学びました。

後半の「指導力アップのためのコミュニケーション」では、指導者の心構えや具体的なコミュニケーションスキル、アンガーマネジメントについて田之頭先生にご講演いただきました。

参加者の声

  • 他の施設の方と意見交換ができてよかった。グループワークでは似たような悩みを持っている方も多く、話し合いができる場があってよかった。
  • みんな同じように悩んでいることを知ることができてよかった。人との接し方、言葉使いなど勉強になった。
  • 自分のポジティブな面にも目を向けられるようになっていきたい。また、自分の心の癖、考え方の癖に気づき、しっかり対応できるようにしていきたい。
  • 相手の存在をしっかり認め、相手に寄り添った指導を行っていきたいと思った。
  • 「指導」には教える、考えさせる、気づかせると3つあり、それをうまく組み合わせて指導することが重要だと学んだ。自主的に考えて行動できる人材づくりを行いたい。

第4回調理員研修会「魚の調理に関する意見交換会」

プログラム

  • 魚の処理方法(各施設から発表)
  • 魚の調理に関する工夫点(各施設から発表)
  • 魚の調理に関する問題点や課題、取り組み内容(各施設から発表)
  • 質問と回答
  • 魚の臭みの原因と対処法について


2022年9月7日に2022年度第4回調理員研修会「魚の調理に関する意見交換会」をオンライン(Zoom)で開催しました。
各施設からリモートで管理栄養士、栄養士(調理職)、調理師、調理員が参加しました。

今回の研修は、2021年度嗜好調査にて魚に関するご意見(固さ、ぱさつき、におい)をいくつか頂いたため、より美味しい魚料理の提供のための情報共有、意見交換を目的とし開催しました。

研修では、各施設から魚の取り扱いや調理方法の工夫などの発表がありました。献立によって、さまざまな工夫がされていることがわかり、よい情報交換の場となりました。

参加者の声

  • 各施設の下処理や調理方法の詳しい内容や工夫点を知ることができ参考になった。
  • 魚の処理方法に関して、魚臭さをなくすため、酒を振ったり、ドリップの処理など様々な工夫をしていることがわかった。工夫を取り入れ、患者さまに本当に美味しいと言っていただけるような食事を提供していきたい。
  • 同じ献立であっても施設によって下処理や調理法に違いがあることがわかり、他施設と比較することで良い点や改善すべき点について考えるよい機会となった。提供数や患者さまの特性、設備の違いなどもあり、全施設で統一することは難しいと思うが、良いところは施設ごとに可能な範囲で取り入れ、グループ全体の給食の質のレベルアップに繋げていきたい。

第5回調理員研修会「衛生管理監査研修会」

プログラム

  • サンプリング結果、診断の振り返り、インシデント、監査の項目について(アース環境サービス株式会社 佐々木 真歌 氏)
  • 課題と取り組みについて(各施設から発表)


2022年9月26日に2022年度第5回調理員研修会「衛生管理監査研修会」をオンライン(Zoom)で開催しました。
各施設からリモートで管理栄養士、栄養士(調理職)、調理師、調理員などが参加しました。

前半はアース環境サービス株式会社の佐々木講師に今期のサンプリング結果や衛生管理の重要ポイントなどについてお話いただきました。

後半は各施設の代表者が衛生管理の課題と取り組みなどを発表し、意見交換を行いました。

参加者の声

  • 食中毒や異物混入を起こさないようにするポイントを改めて確認できたため、自施設の栄養管理科職員に周知し、より一層気をつけていきたい。
  • 入職して初めて衛生管理研修会に参加させていただいた。入職したばかりでわからないことが多く、今回の研修は大変勉強になった。
  • 今回の研修で、他施設の話を聞き、自施設のことを振り返ることができた。一つの施設で起きたことは他の施設でも起こりうること。他人事と思わず、自施設で「起こりうるリスク」を考えながら日々業務を行っていきたい。
  • この研修の中で一番印象に残っていることは「いつもと違う時の配慮が重要」ということ。例えば、機械の故障や自然災害等「いつもと違うこと」は必ず起こるため、そんな時こそ、「このような場合、次にどんなリスクが考えられるか。」を想像し対策を考えていくことが患者さまに安全な食事を提供するうえで重要なことだと思った。また、そのことを栄養士目線だけではなく、調理師目線の意見も共有し、協力することが大切だと思った。

栄養管理科では患者さまに真心を込めた安全な食事が提供できるように、日々力を注いでいます。

栄養管理科の主な取り組み、採用情報については下記よりご覧ください。

○栄養管理科について
○その他採用情報


 その他、採用に関するご不明点などは、各施設担当者までお気軽にお問い合わせください。